FC2ブログ


リンクはフリーです
お知らせくださると壁をぶち抜く勢いで訪ねてしまいますのでご注意


ブログ内のバナー以外の画像、文章等の無断転載・転用・複製はご遠慮ください
フリーイラストではありません!!
ご連絡いただきましても、こちらが許諾しない限りイラスト掲載はご遠慮願います
サイト・記事へのリンクのみであればかまいません
リンクを貼っていただいてもイラスト掲載はこちらが許可しない限りご遠慮ください

Copyright (C) 2008 紫翠/イラストブログ游邑 All rights reserved.

動作確認 IE 1024*768以上 激しく推奨

お気に召しましたら→ (別窓)        

前ブログ→  (別窓)        
サイト→  (別窓)        
テンプレ登録用ブログ→ 月鏡 (別窓)        


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*へぼオリジナル絵を見る*   *へぼ版権絵を見る*   *へぼ小説を読む*
                                     ラピス・ラズリ
                                     その他
 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イラストがでかくて見難いときは、F11キーを押すといいかもしれませぬ。
テキストは、修正しつつ、見やすいようにサイトに載せなおします。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) | page top↑
両兵衛
気づいたら妄想が膨らんでた ヽ´▽`ノ

ショートストーリー

ネタばれ注意 官兵衛ストーリーを終わらせた方のみご覧ください

紫翠は半兵衛派(?)なので、
こんなの違うとかこんなこと言わないとかの苦情は受け付けませんですの

↓↓↓



 あの者の寝顔は、安らかだった――

 私は明りを消し、立ち上がった。未練がない、と言えば嘘になる。だが、私は立ち止まるわけにはゆかぬ。……天下泰平のために。
 そっと部屋を出る。そこへ、少し慌てた様子の秀吉様がお見えになった。
「半兵衛は?」
「逝きました」
「そう…か…」
 私は黙礼し、廊下を歩きだした。背後から、忍び泣く声が聞こえてきたが、私が振り返ることはなかった。

 あれから私は空を見上げることが増えた。軍略を練っている際、ふと空を見上げる。そこに確かな“光”を見出し安堵する自分に、驚きを覚える。だが、嫌な気分ではない。

 やがて、信長の訃報が届き、秀吉様が天下の主となった。果たして、みなが笑って寝ていられる世に、なっただろうか。卿のいないこの世でも、そのことに意味はあるのだろうか。しかし、まだ、すべての火種を葬ったわけではない。

 再び乱世となった。私は迷わず、家康の元へ参じた。秀吉の者は二分され、私は清正とともに、火種を潰した。その後、清正は和平をもちかけたが、無駄なことだ。乱世の火種は、すべて消さなければ。

 清正に言われた。お前に人の心はないのかと。そのようなもの、初めから持ち合わせてはおらぬ。天下を動かすのは力だ。……だが、情を持つ者は嫌いではない。私は少し変わったようだ。卿の影響かもしれぬ。今日も、空は晴れ渡っている。

 これが最後の戦であった。清正との戦い。今日は生憎な天気だったが、致し方あるまい。卿は言ったな。私の将来が心配だと。若造に斬られるのではないかと。私は、悲しむ愚物はやがてこの世からいなくなるから構わないと答えた。その思いに、嘘はない。今は、何の未練もない。泰平の世に一歩近づいたのだ。……私が導きだした泰平への答えを、卿はどう見るのだろうか。

 “光”が、降り注ぐ。私も、寝るとしよう。目が覚めた時は、卿が、傍にいる。


――彼の寝顔も、安らかだった。




END



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

はい。
本当にどうしようもないくらい妄想の塊です ´_ゝ`
結構、もしも生きてたら… もしも勝ってたら… っていうストーリーがあったので
何も半兵衛殺さなくてもいいんじゃあ? と思ったのですが、
まぁ半兵衛死ぬなら最後に官兵衛も死んだ方がストーリー的においしいよね
ってほんとに死ぬんかい!ノ゜д゜ノ みたいな。

冷たい人って陽気な人と一緒にいると性格とかうつっちゃうっていう設定多いですが、
この2人もそんな感じだと萌え。
そんな発想もとい妄想から書いてみました
本当はもっと色々と膨らんでたんですが
書く前に忘れてしまったので(←記憶力皆無)ショートストーリーで。

つーか紫翠はあまり戦国とか武士もののゲームをやらないので
言葉遣いが分からない´д`;
ああぁぁあなんかこんなこと言わなさそう…とか色々思ってるのですが
まぁいいさぁ!

以上!
何か同じようなこと考えてる同志いないかなぁ…


2010/02/19(Fri) | テキスト(その他) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

どもです。

戦国時代…。懐かしいー!(ぇ
秀吉と聞いてバカテスを思い出してしまう…

自分の思考回路、嘆かわしい…。
とりあえず
これは二次創作なのでしょうか?
その辺りがわからない奴ですいません…><
でも、結構面白かったです^^
by: ダイヤ * 2010/03/07 19:32 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:--

ダイヤ様

こんばんは^^

これは2次創作です!
コーエーが出している戦国無双3というゲームの2次創作もとい妄想になります!`ω´ゞ

紫翠は戦国時代にはとんと疎いので、四苦八苦しております(汗
なにはともあれ、楽しんでいただけたようで嬉しいです^^

ではでは、またお暇なときにでもお越しいただければ幸いです!
by: 紫翠 * 2010/03/07 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。