FC2ブログ


リンクはフリーです
お知らせくださると壁をぶち抜く勢いで訪ねてしまいますのでご注意


ブログ内のバナー以外の画像、文章等の無断転載・転用・複製はご遠慮ください
フリーイラストではありません!!
ご連絡いただきましても、こちらが許諾しない限りイラスト掲載はご遠慮願います
サイト・記事へのリンクのみであればかまいません
リンクを貼っていただいてもイラスト掲載はこちらが許可しない限りご遠慮ください

Copyright (C) 2008 紫翠/イラストブログ游邑 All rights reserved.

動作確認 IE 1024*768以上 激しく推奨

お気に召しましたら→ (別窓)        

前ブログ→  (別窓)        
サイト→  (別窓)        
テンプレ登録用ブログ→ 月鏡 (別窓)        


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

*へぼオリジナル絵を見る*   *へぼ版権絵を見る*   *へぼ小説を読む*
                                     ラピス・ラズリ
                                     その他
 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イラストがでかくて見難いときは、F11キーを押すといいかもしれませぬ。
テキストは、修正しつつ、見やすいようにサイトに載せなおします。


ラピス・ラズリ24
 第4章  刻みだす記憶     つづき   (重いので注意!!)




 ふと、場面が少し変わり、時が少し近づいた。
 ああ、これは…私が何度目かに彼女のもとを訪れたときだ。
 共に庭を歩く彼女がそっと、その小さな手で大事そうに包み込んでいた布切れを開く。
 濃い紫の布の中には、掌ほどの大きさの青い石があった。
 磨き抜かれた見事な球体は、見る角度によって様々な青を見せていた。
 空の色、海の色――澄み渡った色、浅瀬の色、深淵の色、清らかな色、安らぎの色、静かな色…
 この国特有の石。通称、聖なる石。
 “外” に出回ることのない石で、私も見たのは初めてだ。正式名称は、ラピス・ラズリというらしい。
 彼女曰く、この石には不思議な力があるという。この国に生まれる、神の力を操りし者、その力に反応し、力を吸収、蓄える。たとえこの国の血が絶えようとも、この石さえあれば、神の子は再び現れる。

――この石を、私に…?

『えぇ。持っていてほしいの。その時が来るまで』

――何故? 私に、神の力はないよ? この国に入れたのも、君が招待してくれたからだ。宝の持ち腐れだと思うけれど…

『確かにあなたには、私たちと同じ力はない。でも、違う力なら持っている』

 ぎくりとした。神の前で隠し事など、できるはずもないのだ。

――……そう…だね。今のロード家には、この国の…神の血が混ざっている。…その方法がどうであれ、ね。けれど、いや、だからこそ、できることは……そう多くないよ。

 自嘲の混ざる顔を彼女に見られたくなくて、顔をそむけて話す。だが、言い終わってすぐ、温かく柔らかいものが頬を包んだ。彼女の、小さな手だった。

『かまわないわ。力の大小は関係ない。あなたに持っていてほしいの。あなたなら、使い方を誤らない。そして…私たちを助けてくれる。そうでしょう?』

 この彼女の悲しそうな笑顔が、とても印象的で。私は胸が締め付けられる思いで、神の石を受け取った。


 さらに時は近付いて。
 そう、それは、最後に聞いた、人に在らざりし色を持つ少年のこと。
 薄紫の髪に、濃い紫の瞳。肌は色無し花のように白く、それを隠すようにいつも漆黒のコートをまとっている。その少年は、この国の貴族の1人だが、血筋は誰も分からない。ただ、恐ろしく強い力を持っていた。それは、正式な血筋の彼女に勝るとも劣らない、まさしく神の力だった。

――先祖がえり…というやつかい? この国の力は、王家の者だけが生れし時に神より授かるものだと、聞いていたけれど…

 彼女は私の問いには答えず、聳え立つ城を仰ぎ見る。
 強すぎる力を持つ少年は、城の中に閉じ込められ、自由に出歩くことも、その力を使うことも許されない。
 紫――とくに薄紫は、人には決して現れない色。それゆえに、この国の王家の者が好んで身にまとう。
 だが、少年はそれを持って生まれた。
 この国では、昔からごくまれに紫の瞳を持つ者が生まれる。その者達は必ず強い力を持っていた。しかし、薄紫の髪は未だかつて存在しない――記録上は。彼女も瞳は赤に近い紫だが、髪は銀色だ。
 当然のごとく少年は、城に住む者、登城する者に恐れられ――煙たがられた。

『初めて会ったとき、とても綺麗だと思ったの。一目で魅かれたの。すぐに噂の子だと気付いたけれど、話しかけずにはいられなかった。弦楽器のような、凛とした声色で、返事をしてくれたわ』

 周囲から何を言われようと、何度止められようと――気にも留めずに毎日話をして一緒に遊んでいるのだと、彼女は楽しそうに笑った。

『大人しくて、あまり喋らないけれど、とても優しい人なの。瞳が澄んでいる。猜疑と欺瞞の中でも、心を見失わない。とても――とても強い人』

 たとえ心を見透かさなくても――わかった。彼女はその少年のことを慕っているのだと。でも、それが決して結ばれない想いだと知ったのは、どのくらい後のことだろう…

『彼の名前はね――リュート、天使の音色よ』








 To be continued...






-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

またまただいぶ間が空いてしまいました、4章のつづきです!
今回も前回に引き続き、メインは王都の王様、夢のお話です
王様の夢話はこれで一旦お終い、次からはようやく主人公=ラント君のお話に戻ります!
この章でも新キャラを出す気満々なので、
今後もお付き合いいただけましたら幸いです^^


2010/12/14(Tue) | テキスト(ラピス・ラズリ) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

……ヤバイです
色々とストライク。

リュートの待遇とか、ラピス・ラズリとか、色とか、……
紫翠さまの名前も。。。

紫翠さまに会えてよかったです。ホントに
そして、紫翠さまが作ったテンプレ見て「これは……!」と思った自分の感覚(?)に、従ってよかったです


。。。
しみじみしたコメになったのは、きっと年末だからです!(こじつけ

いや~、いいなぁ
こういう設定好きだなぁ
by: イサ * 2010/12/21 16:53 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:--

イサ様、こんにちは^^

気に入っていただけて、とても嬉しいです!
自分の好みに合わせて好き勝手書いているので、
妄想が妄想を呼んでカオスにならないか心配していたのですが、一安心です*´`*

私の方こそ、いつもありがとうございます!
温かいコメントのお陰で、楽しく絵を描け、お話を作れているのです!!
いくら感謝しても足りません!
その節はテンプレを発見していただき、ありがとうございます^^

願わくば来年も萌を共有できたらと思います(笑)

またお暇なときにでもいらしてくださいませ^^
by: 紫翠 * 2010/12/24 08:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

 HOME